大阪市北区の行政書士タマキ法務事務所

訪問介護事業(ホームヘルプ)

  • HOME »
  • 訪問介護事業(ホームヘルプ)

・訪問介護事業とは

利用者さんができる限り、自宅で自立した生活ができるように ホームヘルパーが自宅を訪問し、生活支援や介護サービスをすることです。
身体介助:食事介助、排泄介助、衣服の着脱介助、起床や就寝の介助など
生活支援:掃除、洗濯、調理、生活必需品の買い物、薬の受け取りなど
移送介護:外出介助など、通院などを目的とした乗車・移送・降車の介助など
 

・訪問介護の開設要件

◆法人であること
(定款の内容に事業の目的が記載されていること)

医療法人設立報酬一覧表
プラン報酬額(税抜)サポート内容 一例

名称 資格 人員
管理者 資格不要 専らその職務に従事する常勤の者1名
サービス提供
責任者
介護福祉士
介護職員基礎研修課程修了者
訪問介護員養成研修1級課程修了者
(ヘルパー1級免許保有者)
訪問介護員養成研修2級課程修了者(ヘルパー2級免許保有者)で、3年以上介護等の業務に従事した経験を有する方(注1)
看護師または准看護師
専ら訪問介護の職務に従事する常勤の者を事業の規模に応じて1名以上
訪問介護員 介護福祉士
介護職員基礎研修課程修了者
訪問介護員養成研修1級又は2級課程修了者
(ヘルパー1級・2級免許保有者)
看護師または准看護師

常勤換算方法で2.5以上
(この2.5にはサービス提供責任者を含みます)

◆設備基準を満たしていること

○事務所・相談室があること。(一つの大きな部屋を間仕切り・ついたて・パーティーション等で区分したものでも構いません。それぞれの部屋が機能を果たすために必要な広さが確保できていれば可能です。)
○指定訪問介護に必要な設備及び備品等(手指を洗浄するための設備等感染症予防に必要な設備等)
自宅で開業ができるかは市町村によりますが、住居スペースと事務所が区分されている必要があります。

・訪問介護事業開設の必要書類

1. 指定申請書
2. 訪問介護・介護予防訪問介護事業所の指定に関わる記載事項
3. サービス提供責任者一覧表
4. 従業者の勤務体制および勤務形態一覧表
5. 管理者経歴書
6. 訪問介護員の資格証の写し
7. 定款
8. 登記事項証明書
8. 事業所の平面図
9. 事業所の案内図
10. 賃貸借契約書の写し
11. 利用者からの苦情を処理するために講ずる措置の概要
12. 財産目録等
13. 損害賠償発生時に対応しうることを証明する書類
14. 介護給付費の算定に係る体制等状況一覧表
15. 老人居宅生活支援事業開始届
16. 運営規定

お気軽にお問い合わせください TEL 06‐6315‐4600 9:00~23:00(終電時間まで対応)
年中無休(土・日もご相談をお受けしております)

PAGETOP
Copyright © タマキ法務事務所 All Rights Reserved.